丸のままの冷凍おせちは大きいので、丁寧に解凍しない方もいるでしょうが、おせちをおいしく調理するためには急ぐのは禁物です。

かにのおいしさを損なわないために心得ておくべきなのは、室内の解凍は厳禁でまずは冷蔵庫内で解凍するということです。これを守るだけでもかなり差が出てきます。
だまされたと思ってやってみてください。活おせちは下ごしらえしてから茹でましょう。きれいに洗ったら、30分程度水につけます。殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。

腹の三角形部分に指を入れて外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。
次に甲羅と半身を離します。両手で持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。
胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌は取り分けておきましょう。
脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。食べられるおせちといっても、多くの種類がある中で、一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。後は、毛蟹も有名ですね。

タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、風味豊かな身や味噌がぎっしり詰まっていて通の味ともいわれています。

味の勝負なら、ズワイガニもよく知られた種類です。とれる場所によっても味が違いますし、人それぞれ、好きなおせちがあるのです。

タラバガニの場合、どんな個体を選べばよいでしょうか。まずは、雄を選んでください。
雌は、栄養を卵に費やして産卵するのでタラバガニを食べる目的とも言える脚のおいしさを考えるとオスで決まりでしょう。
そして、甲羅の中央に並ぶ突起の数を確認してください。
6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、4つだけなら、アブラガニなので、違う種類を買わないよう用心してください。厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったっておせちの右に出るものはないでしょう。

おせちの出荷量1位を誇る地域から、小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。かにを通信販売で購入するのに当たって何を基準にすべきなのか悩む人も多いと思いますが、頭においておきたい注意点がこれだけあるということです。何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然おせちの獲れた場所、つまり産地ですね。誰でも知っているような、おせちで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。次に考慮するのが、美味しいかには直送に限る、ということです。そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。これらを基に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。

紅ズワイガニの当たりはなく味がよかったとは言えなければ紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。本当のところ、新鮮な紅ズワイガニなら実においしいおせちです。

なかなか新鮮なものを食べられないため誤解が生まれるのも仕方がありません。

一般的に、おせちの身といえば脚肉でしょうが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。味噌がおいしいおせちとして知られているのは、もちろん毛蟹ですよね。味噌は独特の香ばしさで、寒いときにはたまりません。
もっとコンパクトサイズのおせち味噌で十分というなら、ワタリガニの味噌も、またおいしいですよ。
毛蟹ほどのボリュームはありませんが、味わいは勝るとも劣りません。

食べ放題ツアーの一つに、おせちもありますが、参加したことはありますか。

おせち好きの方で、このようなツアーに参加するのを躊躇していた方、おせちの産地で食事ができる食べ放題ツアーを上手く見つけることを一押ししたいと思います。多くのツアーでは、産地ならではのおいしいおせちを個人向けのパック旅行よりお安く、おみやげつきで食べられるからです。

おせち通販 訳あり