仕事復帰の難点

仕事復帰の難点


仕事復帰の難点でよくあるのが、育児休暇からの復帰などの場合、子育てに関して、パートナーの協力が必要なところです。

家事分担や子育ての役割分担について、仕事に復帰する前によく話し合っておかなくてはなりません。

子どものためには、協力し合って生活していかなくてはなりません。また、仕事に復帰すると、子どものためを思えばできることも、自分のためにはできなかったりすることが出てきます。

片方だけではなく、両方を考えて、ママと子どもが1番やりやすいタイミングを見計らって行動しなければなりません。

仕事に復帰すると、とにかく忙しくなりますが、子供が小さくて抵抗力がまだ弱い場合、しょっちゅう仕事を休むことになります。

子供に対する愛情不足も懸念されます。親が育児休暇を終えて仕事に復帰する場合、職場復帰支援プランが充実しているかどうかも影響します。

多くはプランの見直しが必要で、復帰後の実態はあまりよくないからです。

また、傷病休職者の場合、ほとんどメンタル不調が原因だとされているので、メンタル不調からの職場復帰後のフォローアップは非常に大切です。

職場復帰後の対応の難しさが浮き彫りになっています。



 

サイトマップ