転職 就活

面接のマナー

転職・就活時の面接のマナーは、とても大切です。


マナーが合否を分けると言っても過言ではありません。


面接の際は、結論から述べるようにし、
端的に回答するように心がけることです。


要点を上手くまとめて話すことが大事で、
聞かれてもいないことをベラベラと喋ってはいけません。


事実をうまく組み立て、できるだけ具体的に話すことです。


そして面接の際は、足を組んだり、ソワソワするような態度をしてはいけません。


面接のマナーの基本は、まず質問された内容に的確に応えることです。


一つの質問に対して、長々と話してはダメです。


答えが長くなると、面接官が他の質問をできなくなるからです。


質問の答えとそれに対する補足説明を端的に話すのが一番です。


面接のマナーで忘れてならないのは、ウソは絶対に言わないことです。


自分を良く見せたいと思う気持ちはわかりますが、
面接はありのままの自分を見せる場であることを忘れてはいけません。


特に、経歴詐称などはもっての他です。


面接の最後には、企業から質問はないか問われることが多いので、
予め質問を考えておくことも大事です。

 

サイトマップ