転職 就活

面接時の服装について

面接の服装は、気になるところです。


面接の服装はとても大事で、面接は第一印象が何より大切です。


面接官に不快感を与えてしまっては、スタートからつまずいてしまうので、
しっかりとした服装で準備する必要があります。


通常、面接の服装は、ビジネススーツが基本なので、
面接を受けるときはスーツを着用するのがベストです。


そして、スーツ、ネクタイ、シャツの色はできるだけ抑え目にして、
アクセサリーやブランドもののバッグなどは控え目にするようにします。


清潔感と誠実さが伝わる服装にすることです。


派手なものは避け、頭の先から足の先まできちんと気を配るようにします。


一般的な職業ではスーツを着用し、
靴、時計、カバンなど、身に着けるものはすべて清潔感を重視します。


業界によっては、面接の服装は変わってきます。


メディア系やデザイナーなどに転職する場合、
あまりカッチリした格好はふさわしくなく、
そうするとかえって違和感を持たれます。


そのため、企業のカラーに合わせた服装をすることが望まれます。


ただ、こうした一部のクリエイティブな職業を除けば、
個性を出すのは避けた方が無難です。

 

サイトマップ